レーザーとフラッシュの違い

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛って何が違うのか?3つのポイントとは

脱毛のお店による施術のやり方は、それぞれ異なります。ただ大きく分ければ、2種類に大別できます。

 

まず病院などで施術を受ける事が、たまにあります。いわゆる美容外科などで、むだ毛の処理を行いたいと思う事もあるでしょう。その場合は、大抵はレーザー方式で施術が行われます。

 

それと病院でなく、サロンなどで施術を受ける選択肢もあります。そこではレーザーなどは用いず、原則として光などを使う事になるのですね。いわゆるフラッシュ方式になるのです。

 

ところでその2つの方式は、よく比較されます。その2点にはどのような違いがあるかと言うと、主なものは全部で3つあるのです。

 

施術面積の違い

まず1点目の相違点としては、面積の大きさが挙げられます。

 

基本的に光を用いる方式の場合は、一度に広い面積に対する施術が可能なのですね。そのような光を用いるからです。それに対してレーザーの場合は、全般的に面積がやや狭い傾向があります。ですので光の方式に比べると、やや時間がかかる事は多いですね。

 

ですのでその2つには面積に関する違いが存在する訳ですが、最近では両者の差も縮まりつつあります。と言うのもレーザー方式も、最近は徐々に多彩になってきているからです。最近では照射面積が広いレーザーを採用する病院も増えているので、差も縮まっているのですね。

 

脱毛の強さ

そして2点目ですが、強さに関する違いがあります。

 

まずフラッシュの場合は、あまりパワーは強くありません。ですので脱毛の施術が完了するまでには、多少の日数を要する傾向があります。
しっかり根元まで体毛を除去するのが難しいケースもあるからです。

 

それに対してレーザーの場合は、少し強いタイプになります。したがってフラッシュ方式と比べると、所要期間も短くなる事が多いですね。

 

施術の痛み

さらに3点目は、痛みに関する違いがあるのです。

 

まずレーザーの場合は、痛みは少々強めと考えて良いでしょう。上記のようにしっかりと無駄毛処理はできるのですね、光がかなり強めだからです。

 

それに対してフラッシュの光の場合は、そこまで強い痛みを感じるケースは余り多くありません。もちろんお店によって多少の違いもあるのですが、少なくともレーザー方式と比べれば、あまり痛くないと考えて良いでしょう。したがって痛みを重視するならは、レーザーよりはフラッシュの方が望ましいとも言えます。

 

つまりレーザーとフラッシュには、以下の照射面積や強さや痛みに関する違いがある訳ですね。